熊本は南阿蘇にて
お茶とお菓子、お料理の教室をしています
山折 典子
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
キッシュ



案外、パウンド型でも焼けるキッシュ。
取り出す時がちょっと難しいのが難点かな。
マリアージュ



tea partyでご用意した
キッシュと人参のコーディアルサラダです。
お茶とのマリアージュで
美味しさの幅もさらに広がりました。

だれかの為に
自分の為に
そうやって、心を込めて
お茶を淹れたり、作ることが出来ること
有り難いな〜、と思う日々です。


写真が全て暗くて、残念な感じです。
hacoカメラ女子naoさんが撮ってくれた
tea partyの様子です^^

    こちら rose diary

麗しのスフレ



先日のtea partyでご用意させていただいた
「ヨーグルトのスフレ」

前半のお客さまには
レシピをお伝えしておりませんでしたので、
どうぞこちらをご参照くださいませ。


 〜ヨーグルトのスフレ〜

材料(7センチココット4個分)

・プレーンヨーグルト(無糖タイプ)・・・240g
・牛乳・・・120ml
・卵黄・・・・4個
・グラニュー糖A・・・50g
・薄力粉・・・30g
・無塩バター・・・10g

〈メレンゲ〉
・卵白・・・・4個
・グラニュー糖B・・・40g
・粉砂糖・・・・適宜(仕上げ用)

※ヨーグルトは120gを軽く水切りしておく。
 
 
(およそ20分くらい、70〜80g位になったらOK)
※卵白はボールごと冷やしておく。
※ココットの側面、底にまんべんなく刷毛で溶かしバター(分量外)を塗り、
 
 
 乾かないうちに、グラニュー糖を均一にまぶす。
※薄力粉はふるっておく。


1.ヨーグルトカスタードを作ります。卵黄にグラニュー糖Aを入れ、
  白っぽく泡だて器が重いと感じるくらいしっかりと混ぜる。
2・そこへふるった薄力粉を入れ、なめらかになるまで混ぜる。
  そこへ、水切りしたヨーグルトを入れ混ぜる。
3.小鍋に牛乳を入れて表面がふつふつするくらい温める。
4.2に3の牛乳を少しづつ加え混ぜる、
  一度濾して、ボールに戻し、
  弱火にかけながら泡だて器を常に混ぜながら
  カスタードを炊いていくトロミが出てきたら約30秒後に火を止め、
  温かいうちにバターを加えてよく混ぜる。
 (乾燥しないようにラップをぴったりとのせ、バットで冷ます。)
 

  ☆出来立ての温かいカスタードでも、冷めたカスタードでも
   どちらでもOKです。
 
5.冷やしておいた卵白にグラニュー糖Bの1/3量を加え、
 
  ハンドミキサーの低速で泡立てる。角が立ってきたら
  2回にわけてグラニュー糖を加え、角が立つまで泡立てます。
6.4のヨーグルトカスタードにメレンゲを混ぜる。
    
  最初はゴムべらで1/3量をしっかり混ぜる、
  残りは2回に分けてメレンゲが見えなくなるまで混ぜる。
7.ココットの9割の量を流しこみ、平らにしたら、
 
  ココットの縁を親指で一周拭う。
8.180℃に余熱したオーブンで20分。
  焼きあがったらすぐに取り出し、粉砂糖をふるいます。


オーブンの中でムクムクと膨らんでいるスフレを見ると
小躍りしたくなります、、、笑。
ですが、時間までオーブンを開けるのは少々我慢してください。
開けたらすぐに、お皿に盛り付けましょう。
出来立てをハフハフしながら、
召し上がってくださいませ。


ダッシュで運んでくれたecruさん達
お世話になりました。
歓声が上がると嬉しくて、嬉しくて
心の中で小躍りしていた私です^^



partyの時はベリーショコラのジャムを添えてました、
柑橘のジャムやコーディアルをかけて召し上がるのも
爽やかでおすすめです♪



ご不明な点などございましたら、
どうぞメールにてご質問お待ちしております。