熊本は南阿蘇にて
お茶とお菓子、お料理の教室をしています
山折 典子
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 瑞穂窯とお山食堂 | main | 3月のお教室 >>
2月のお教室

如月。
寒さも少しづつ和らいでいますね。
ミルクティー色の冬の山では
「野焼き」が行われています。
こうやって山を守る方たちのお陰で
春の美しい景色があることに
毎年、感謝の気持ちで眺めています。




来週より2月のお教室です、
毎年、いろいろな方法を試していた
金柑の蜜煮。
ハナウタカジツさんの金柑でとても香り豊かに仕上がりました、
顔を近づけると柑橘蜜の香りに
春を感じさせてくれます。
こちらの「金柑コンポート」と
「バナナショコラジャム」の2種類を
レッスンいたします。


2月コンフィチュールクラス

2/18.19.20.21.23.24日

10:30-13:30

※18.19.24日はまだ空きがございます。

お名前、ご希望日、ご連絡先を
ご明記のうえ、こちらまでお知らせくださいませ。3日以内にご返信いたします。
sawasawateatime@i.softbank.jp





遠い昔、イギリスの蜂蜜色の町
コッツウォルズ。
宿泊していたB&Bの朝食。
庭やご近所で採れた果実で作られた
コンフィチュール。ずらりと並んだ食卓に異国の方々との少し緊張した食卓も、心が温かくなり、リラックスできた事を
思い出します。
その味は、
ロンドンのホテルの朝食よりも
私には豊かな美味しさを感じました。
今でも親切にしてくださったマダムやお庭の草花、ニワトリさんたちやあの優しい空気が浮かびます。
心を込めて作られたものは、やはり人の心を溶かし、幸せを運んでくれるんだ、この瓶には、
小さな喜びと幸せが詰まっている魔法のような味、という思いで溢れました。
素晴らしい生産者の作られる食材がある熊本の土地で近くにある幸せを皆さんと
ご一緒したい、という思いがキッカケです。
特に何処かで勉強したわけでもなく、
私が作り続けている中でその時のいちばん、美味しいと思う素材や作りかたで
ご紹介して参りました。
4月より少し新しいスタイルでのお教室になるにあたり、今回でコンフィチュールのクラスは最後となります。
どうぞ、
ご都合があいましたら、
お待ちいたしております。
少し長くなりましたが、始めた時の気持ちを思い出しながら、
書かせていただきました。
どうぞよろしくお願いいたします。





スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK